「東芝REGZA PC D813/T8JB」のWindows 10 へのアップグレード

はじめに

生活環境が変わったのを契機に、PCを今まで使用していた「東芝REGZA PC D813/T8JB(2013年夏モデル)」(一体型PC)から、新たに自作したPCに変更しました。

PC自作(経緯~部品/ソフト購入 編)
はじめに(経緯) 生活環境が変わったのを契機に、PCを新しくしました。今まで使用していた一体型PC「東芝REGZA PC D813/T8JB(2013年夏モデル)」は、一応Windows10にアップグレード(メーカー公式対応なし)していまし...

今まで使用していた「東芝REGZA PC D813/T8JB」は、Windows 10にアップグレード(メーカー公式対応なし)していましたし、メモリも増設(8GB→16GB)したりして、多少の不満点があるにしても、通常の使用には不都合のないものでした。そこで、妻のPCとして現役続行することにしました。そのあおりを受けて、妻の旧PC「FUJITSU FMV-BIBLO」は引退(泣)。

「東芝REGZA PC D813/T8JB」は、私が使用している間にゴミも溜まっているであろうことから、工場出荷状態に戻してからWindows 10を入れ直すなどリフレッシュした後、妻のPCになりました。

本記事では、今回実施した「東芝REGZA PC D813/T8JB」のリフレッシュ手順について、記載します。

工程(1)、工程(2)を実施して工場出荷状態(Windows 8初期状態)にした後、直接Windows 10へのアップグレードを試みると、以下のエラーが出て失敗しました。

エラー
0xC1900101 - 0x4000D
コンピューターに対する変更を元に戻しています。

そのため「工場出荷時状態→OS/アプリのアップデート(Windows 8)→Windows 8.1にアップグレード→OS/アプリのアップデート(Windows 8.1)→Windows 10にアップグレード→OSとアプリのアップデート(Windows 10)」という手順を踏みました。

工程(1) 工場出荷状態へのリカバリー

[手順]

  1. リカバリーメディアUSBをUSBコネクタに差し込む
  2. [shift]を押しながら「シャットダウン」
  3. [F12]を押しながら「電源ON」
  4. 起動メニューが出るので「USB」を選択[ENTER]
  5. 復元方法の選択画面が出るので、「TOSHIBA Recovery Wizard」を選択→「次へ」
  6. データ削除のメッセージが出るので、「はい(Y)」
  7. 復元方法の選択メニューが出るので、「初期インストールソフトウェアの復元」を選択→「次へ」
  8. 復元開始確認画面が表示される→「次へ」
  9. 復元の進行状況が画面に表示される
  10. 復元完了画面が出るので、USBフラッシュメモリを抜いてから「終了」
  11. 何回かリブートした後、Windowsセットアップフェーズに移る

工程(2) Windows 8 セットアップ

[手順]

  1. ライセンス条項同意画面が出るので、「同意する」
  2. 情報提供・サービスのご案内画面が出るので、以下を設定→「次へ」
    • メールアドレス:未記載
    • 東芝からのメール送信同意:しない
    • ウイルスバスターの利用開始&情報送信:しない
  3. Windows基本色+コンピューター名設定画面が出るので、それぞれ設定→「次へ」
  4. 無線LAN接続画面が出るので、「後でワイヤレス ネットワークに接続する」をクリック
  5. 各種設定画面がでる(「簡単設定を使う」と「自分で設定する」がある)。「自分で設定する」をクリック
    • PC共有設定:ON
    • UPDATEとセキュリティの設定画面→すべてON
    • Microsoftへの情報提供設定画面→すべてOFF
    • 問題の解決策をオンラインで調べる:ON、アプリと情報を共有:ON
    • 地域と言語の設定画面→地域:日本、言語:日本語
    • Microsoftアカウントの設定画面→「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」をクリック
    • 再度念押しで、Microsoftアカウントとローカルアカウントの選択画面→「ローカルアカウント」
    • 管理者のユーザ名、パスワード、パスワードのヒントの入力画面が出るので、それぞれ入力→「完了」
  6. Windows設定完了

工程(3) 不要アプリケーションの削除

本PCは、Windows 10に公式対応していませんので、多くの標準搭載アプリケーションもWindows10に対応していません。また、アプリを通して提供されていたサービス自体が終了しているものもあります。さらに、国内メーカー製標準搭載アプリケーションはそもそも不必要なものも多いものです。そのような背景から、残しておきたいアプリケーションを除き、削除しました。

[手順]

  1. ネットワーク切断(不要なアップデートなどを防ぐために、物理的にLANケーブルをPCから外す。現段階では無線LANは接続していない。)
  2. 不要アプリケーションを削除(※以下のアプリケーションを削除)
  3. ネットワーク接続(LANケーブルを接続)

削除した「デスクトップアプリ」

  • ウイルスバスター登録ツール+ウイルスバスター クラウド(体験版)
  • i-フィルター(体験版)
  • WinZip(体験版)
  • LoiLoScope(体験版)
  • デジタル全国地図 いつもNAVI(体験版)
  • U-NEXT(映画・ドラマ無料見放題)(体験版)(デスクトップのショートカット削除)
  • 東芝プレイスガジェット(サービス終了)
  • 動画で解決!操作ガイド+動画で解決!操作ガイドコンテンツ
  • おたすけナビ(アプリランチャー)(必要なし)
  • てぶらナビ(音声+ハンドジェスチャーでPC操作)(必要なし)
  • ぱらちゃん(メール待ち受けキャラクター)(必要なし)
  • RZタグラー(サービス終了)(「c:\tosutils\RZタグラー」フォルダを削除+デスクトップのショートカット削除)
  • PC引越ナビ(必要なし)
  • 東芝お客様登録(必要なし)(「c:\Room1048」フォルダを削除+デスクトップのショートカット削除)
  • ニッセン(NISSEN)のオンラインショップ(必要なし)(「c:\tosutils\Nissen_オフラインページ」フォルダを削除+デスクトップのショートカット削除)
  • 動画で学ぶシリーズ(TOSHIBA PalaDouga)(必要なし)
  • Adobe Reader(旧版、必要なし)
  • AirGet for TOSHIBA(モバイル端末とPC間の連携)(サービス終了)
  • ebi.BookReader 4J(必要なし、無料ダウンロードあり)
  • ebi.SampleContents(必要なし)
  • PhotoWizard(必要なし)
  • 画面設定ユーティリティ(TOSHIBA Display Utility)(必要なし)
  • TOSHIBA Active Display Off(必要なし)
  • パスワードユーティリティ(TOSHIBA Password Utility)(必要なし)
  • PCヘルスモニタ(TOSHIBA PC Health Monitor)(Windows 10 で利用不可)
  • パソコンで見るマニュアル(必要なし)
  • TOSHIBA HDD Accelerator(Windows 10 で利用不可)
  • TOSHIBA Service Station(Windows 10 で利用不可)
  • PCあんしん点検ユーティリティ(Windows 10 で利用不可)
  • TOSHIBA ecoユーティリティ(Windows 10 で利用不可)
  • TOSHIBA Desktop Assist(デスクトップアプリメニュー)(必要なし)
  • スマートジェスチャー(必要なし)
  • SkyDrive(Windows 10 で利用不可)
  • DiXiM Media Server for dynabook TV Center(Windows 10 で利用不可)

削除した「Windowsストアアプリ」

  • セキュリティ脅威マップ(必要なし)
  • Shufoo!チラシ(サービス終了、必要なし)
  • Yahoo!オークション(必要なし)
  • nissen Smart Catalog(必要なし)
  • AUPEO!(インターネット音楽配信)(サービス終了、必要なし)
  • ホットペッパーグルメ(必要なし)
  • 宿探(サービス終了)
  • Toshiba Places(サービス終了)
  • TOSHIBA デジタル貸金庫(サービス終了)
  • 楽天gateway(必要なし)
  • Fresh Paint(必要なし)
  • SharkDash(必要なし)
  • NAVITIME for TOSHIBA(必要なし)
  • Skypeらくらくナビ(必要なし)
  • Skype(必要なし)
  • 思い出フォトビューア(必要なし)
  • ATOK 2013(体験版)

工程(4) Windows Updateを実施し、Windows 8を最新にする

[手順]

  1. Windows Updateを実施(今回は、計178個1.6GBの更新プログラムを適用した)

工程(5) Windows 8からWindows 8.1へのアップグレード

[手順]

  1. Windowsストアに「Windows 8.1へのアップデート」があるので、選択
  2. 何回かリブートを繰り返しながら、処理が進む
  3. ネットワーク接続画面で「有線」を選択
  4. 各種設定画面が出て、「簡単設定を使う」と「自分で設定する」がある→「自分で設定する」を選択し、以下の設定をする
    • ネットワーク共有設定:ホームネットワーク
    • UPDATEとセキュリティの設定画面:すべてON
    • 問題の解決策をオンラインで調べる:ON
    • Microsoftへの情報提供設定画面:すべてOFF
    • アプリと情報を共有:ON
    • 地域と言語の設定画面が出るので、地域:日本、言語:日本語
    • Microsoftアカウントの設定画面が出るので、「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」をクリック
    • 再度念押しで、Microsoftアカウントとローカルアカウントの選択画面がでるので、「ローカルアカウント」を選択
    • 管理者のユーザ名、パスワード、パスワードのヒントの入力画面がでるので、それぞれ入力して「完了ボタン」

工程(6) Windows Updateを実施し、Windows 8.1を最新にする

[手順]

  1. Windows Updateを実施(今回は、計49個1080MBの更新プログラムを適用した)

工程(7) Microsoft Updateを実施し、標準搭載のMS Officeを最新にする

[手順]

  1. Microsoft Updateを実施(今回は、計8個70MBの更新プログラムを適用した)

工程(8) 「東芝サービスステーション」アプリで、標準搭載アプリケーションを最新にする

[手順]

  1. 「東芝サービスステーション」を立ち上げ、検知された適用可能アップデートを適用(今回は、計8個70MBの更新プログラムを適用した)

工程(9) 回復ディスクとシステムイメージの作成

Windows10へのアップグレードの前に、アップグレードがもし失敗しても、これまでの作業が無駄にならないように、この時点での「回復ディスク」「システムイメージ」を作成する。

[手順]

  1. 「回復ディスク」「システムイメージ」を作成

工程(10) Windows 10へのアップグレードの前準備

アップグレードで失敗したくないので、以下のページ「Windows 10へのアップグレードに失敗する場合の確認点と対処法」を参考にし、下記項目を実施した。

Windows 10 へのアップグレードに失敗する場合の確認点と対処法
Windows 10 のアップグレードが失敗する場合の一般的な確認点と対処法を紹介しています。 ※注意 以下のページにてエラー別の対処法をまとめています。 まずはこちらに該当するエラーの情報がないかご確認ください。 ・Windows 10 へのアップグレードに失敗するエラー別対処法 お使いのコンピューターが Windo...
  1. 方法1 : Windows Updateトラブルシューティングツールを実行
    「http://go.microsoft.com/?linkid=9830262」からツールをダウンロードし、実行
  2. 方法3 : システム更新準備ツールを実行(Windows 8.1の場合を参照)
    「コマンドプロンプト」を管理者として開き、「dism /online /cleanup-image /restorehealth」を実行
  3. 方法4 : システム ファイル チェッカーを実行
    「コマンドプロンプト」を管理者として開き、「sfc /scannow」を実行
  4. 方法10 : クリーンブートを実行
    常駐プログラムが影響し、アップグレードに失敗する可能性が考えられるので、以下のページを参考にクリーンブートした状態でアップグレードを実行
    https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/929135

また、以下のページも参考にして、サードパーティのセキュリティソフトウェアを削除した。

Windows のアップグレードとインストールに関するエラーのヘルプ - Microsoft サポート
Windows 10 および Windows 11 の最も一般的なアップグレードとインストールのエラーと、それらを修正するために実行できる操作について説明します。

工程(11) Windows 10へのアップグレード

アップグレードの前準備もできたので、やっと本題のWindows 10へのアップグレード作業です。

Windows 10をインストールするには、以前にライセンス認証が完了した(無料アップグレード期間にアップグレードしたなど)PCに再インストールする場合以外は、ライセンスを持っている必要があります。今回は無料アップグレード期間にWindows 10にアップグレードしたPCなので、条件を満たしています。

以下のページにWindows 10のインストールの情報があります。

Windows 10 のダウンロード

今回は、上記ページの「このツールを使用して、この PC を Windows 10 にアップグレードする (クリックして、詳細情報の表示と非表示を切り替えます)」の情報に従って、作業を進めます。

今回のPCは、以前Windows 10にアップグレードしたことがあるので、プロダクトキーを入力する必要はない(Windows 10は、デジタルライセンスを使用して、自動的にライセンス認証するため)。

[手順]

  1. 「ツールを今すぐダウンロード」ボタンを押して、「MediaCreationTool」をダウンロード
  2. 「MediaCreationTool」を管理者として実行
  3. 「ライセンス条項」ページで、ライセンス条項に同意する場合は「同意する」を選択
  4. 「実行する操作を選んでください」ページで、「この PC を今すぐアップグレードする」を選択し、「次へ」を選択。Windows 10のファイル群がダウンロードされる
  5. Windows 10をインストールする準備ができたら、選択内容とアップグレード中に保持される項目が、確認のために表示される。「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」、「個人用ファイルのみを引き継ぐ」、「なし」の設定を変更するには、「引き継ぐものを変更」を選択
  6. 開いているアプリやファイルを閉じた上で、「インストール」を選択
  7. Windows 10のインストールが始まり、PCが数回再起動した後、インストール終了
  8. Windows 10セットアップが始まるので、「デバイスのプライバシー設定の選択」をすべて「OK」にして「同意」
  9. Windows 10へのアップグレード完了
  10. アップグレードされているかシステムのバージョン情報を確認(「スタート」→「設定」→「システム」→「バージョン情報」)

工程(12) Windows Updateを実施し、Windows 10を最新にする

[手順]

  1. Windows Updateを実施

工程(13) システムバックアップとディスクバックアップ

今後、システムに不具合が起きた時に、この時点(Windows 10の初期状態)に戻れるように、システムバックアップとディスク全体のバックアップを作成する。

[手順]

  1. システムバックアップとディスク全体のバックアップを作成